【公開講座】6/15(日)制度があっても使えない? セクシュアル・マイノリティから見る貧困問題


チラシ(PDF)のダウンロード

こんな切り口もアリじゃない? 視野を広げる反貧困ネットワークセミナー
「制度があっても使えない? セクシュアル・マイノリティから見る貧困問題」

日時:2014年6月15日(日)14:00~16:30(開場13:00)
会場:戸塚地域センター 多目的ホール(7F)
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2丁目18番1号 JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線高田馬場駅より徒歩3分
参加方法:申込不要・無料

生活困窮者のなかには一定数のセクシュアル・マイノリティ(※)がいて、セクシュアル・マイノリティのなかには一定数の生活困窮者がいる──でも、それが見えにくくなっているのはなぜだろう?
同性パートナーや性別違和のことを打ち明けられる? 打ち明けても対応してもらえる? 扶養照会というけれど、「家族」ってなに?
(※セクシュアル・マイノリティ…異性愛で性別違和などのない人(マジョリティ)に対し、同性愛や性同一性障害/トランスジェンダーら多様なマイノリティ層を総じてあらわす言葉のひとつ)
貧困問題とセクシュアル・マイノリティとの交差点に見え隠れする、HIV/エイズや依存などの重要なテーマ。その相談事例をもとに、支援の現状と課題を描き出し、対応の切り口について参加者とともに考えます。
支援現場の知見や当事者の声からは、本当は多様な人が暮らす社会に共通する課題が見えてくるかもしれません。
貧困やセクシュアル・マイノリティ関連の活動にたずさわっている人や関心がある人、まだよく分からない!という人も、気軽にご参加ください。

★会場では、貧困やセクシュアル・マイノリティに関する情報コーナーや、「こもれびコーヒー」スタッフによるフェアトレードの自家焙煎コーヒー(有料)の提供があります。

プログラム(予定):
■ごあいさつ~アイスブレイク
■イントロダクション:
「それぞれの現場でいま起きていること」
大西連(自立生活サポートセンター・もやい)
生島嗣(ぷれいす東京)
■ミニ・ワークショップ:
事例検討と発表
■コメンテーター発言

主催:反貧困ネットワーク
〒113-0023 東京都文京区向丘1-7-8 コミュニティ・スペース「ほのぼの」内
TEL/FAX: 03-3812-3724 http://antipoverty-network.org/

共催:
特定非営利活動法人ぷれいす東京(担当:大槻)
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-11-5 三幸ハイツ403
TEL: 03-3361-8964(月~土12:00~19:00) FAX: 03-3361-8835 http://www.ptokyo.com/

特定非営利活動法人自立生活サポートセンター・もやい(担当:大西)
〒162-0814 東京都新宿区新小川町7-7 NKBアゼリアビル202号室
TEL: 03-3266-5744(火12:00~18:00・金11:00~17:00) FAX: 03-3266-5748 http://www.moyai.net/

※このプロジェクトは、「連合・愛のカンパ」助成事業です。

  • Youtube
  • ustream
  • 反貧困オンラインショップ
  • 反貧困世直し大集会
  • 反貧困フェスタ
  • 貧困ジャーナリズム大賞
  • イベントカレンダー
  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • カレンダー

    2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
▲ページ先頭へ