カテゴリー “お知らせ ”の記事

「連続学習会②山谷から新たな連帯を求めて」のお知らせ

  • 2017年06月18日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

連続学習会②山谷から新たな連帯を求めて
~寿のまちと暮らしから、私たちはどんな未来を望んでいるのかを考える~

日 時:6月25日 13時集合
場 所:石川町駅(北口)
参加費:500円
※参加をする方はお手数ですが、電話かメールにて連絡をください
TEL:090-6477-9358 (中村) E-mail:sumida_iryo@yahoo.co.jp

 4 月2 日、連続学習会の第1 回目として、元沖縄大学学長であり、1970 年代に横浜寿町で生活館職員として、寿の労働者と向き合いながら、共に闘われた野本三吉(加藤彰彦)さんをお呼びし、講演会を開催しました。野本さんは、行政の相談員という立場でありながら、それを一方的な相談を受ける場とすることなく、寿で生活している人々が、自由に話し合いができる場作りを始めます。「寿を自由に語る会」から「寿夜間学校」そして「住民懇談会」へと発展していった過程をいきいきと語ってくださいました。
 今回は、野本さんのお話をふまえて、「寿フィールドワーク」を計画しました。40 年以上の時を経て、今各寄せ場が労働者の街から福祉の街へと変わりつつある中で、寿の町を歩き、実際に見ていくことで、これからの活動の方向性のヒントをつかめればと思います。寿で長年活動をされてきた団体との意見交換会も計画しています。皆様の参加をお待ちしております。

<連続学習会実行委員会 呼びかけ人>
中村光男(日雇全協・山谷争議団)/藤田五郎(山谷労働者福祉会館活動委)/横山晋(山谷労働者福祉会館活動委)
渡辺つむぎ(山谷労働者福祉会館活動委)/杭迫隆太(隅田川医療相談会)/荒川茂子(あうん)
中村訓子(ほしのいえ)/池上哉美(フードバンク)


「公正な税制を求める市民連絡会」さんからの投稿

  • 2017年06月09日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

第10回特別企画 公正な税制を求める市民連絡会 学習会
生活者の財政へ -格差社会を超える『対話の力』-

日 時:2017年7月26日(水) 18:30~20:30

会 場:主婦会館プラザエフ 地下1階・クラルテ 〒102-0085 東京都千代田区六番町15

アクセス:JR四ツ谷駅麹町口前(歩1分)または地下鉄南北線 / 丸の内線四ツ谷駅(歩3分)

講 師:暉峻 淑子先生(埼玉大学名誉教授)
新著「対話する社会へ」を出された暉峻淑子先生特別講演!
能力に応じてみなでお金を出し合い、生活の土台を支える「共有財産」を作っておくこと、それが税金の本来の目的のはずです。ところが、政府は、大企業や富裕層に大きな減税をする一方、庶民に対しては増税と社会保障の削減を行いました。そのため、自己負担に耐えきれない私たちの生活と社会は破壊されつつあります。この流れは、今後いっそう強まるでしょう。
国の財政は、私たちが政府に預けたお金であり、病気や失業などに備え、前もって収入の一部を共同で積み立てておいて、いざというときにその積立金を使って、お互いを助け合うためのものです。
暉峻さんは、格差を助長する国家システム-税と社会保障の問題を指摘され続け、共有する社会システム(社会保障制度や社会資本など)について、税や保険料の拠出者である私たち市民が互いに話し合い政府に異議申し立てと提案をする「討議デモクラシー」の重要性を指摘してきました。
この学習会において社会の分断・対立や格差社会を超えて、生活者の財政を構築し、公正な社会を実現するために、私たちひとりひとりができることを、一緒に考えてみませんか。

資料代:1,000円(経済的に困難な方は無料)

主 催:公正な税制を求める市民連絡会

詳しい案内は
http://tax-justice.com/?p=717

第6回公開講座「東京で考える沖縄・辺野古」のお知らせ

  • 2017年06月09日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

7月10日の「東京で考える沖縄・辺野古」公開講座のご案内を送ります。

今回は、浦添市職員、自治労沖縄県本部執行委員の平良誠さんを講師に「住民・自治体職員から見た米軍基地問題—普天間、辺野古、高江」をテーマに開催します。ご関心ある方の参加を呼びかけます。詳しくは以下をご覧下さい。

第6回公開講座「東京で考える沖縄・辺野古」

日 時:2017年7月10日(月)18:30-21:00
場 所:明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント2階4021教室
地図 https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

テーマ:住民・自治体職員から見た米軍基地問題—普天間、辺野古、高江
報 告:平良誠さん(浦添市職員、自治労沖縄県本部執行委員)

主 催:明治大学労働教育メディア研究センター、明治大学島嶼文化研究所
     一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター
     Labor Now

※参加申込み:資料準備の都合上、参加をご希望の方は7月7日までに下記アドレスまでご一報下さい。
labored(at)kisc.meiji.ac.jp  (at)を@に置き換えて送信下さい。

昨年の参議院選挙の翌日、政府は高江のヘリパッド増設工事を強行し、力ずくで「完成」させ、今年4月からは辺野古の新基地建設に関して護岸工事を推し進めています。沖縄の人々は新基地建設に反対して、闘いを継続しています。

今回の辺野古講座では、明治大学自治労寄付講座の講師として上京される平良誠さんを講師に開催します。平良誠さんは海兵隊普天間飛行場(宜野湾市)の南西側(滑走路の延長線上!)に隣接する浦添市で生まれ育ち、現在は浦添市職員として働いています。住民として、市職員として、職員組合や自治労県本部の役員として、米軍基地問題に向き合い、取り組んでこられました。これらの経験を踏まえて、「住民・自治体職員から見た米軍基地問題—普天間、辺野古、高江」について、お話しいただきます。ご関心あるみなさんのご参加を呼びかけます。

これまでの辺野古公開講座開催経緯
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~labored/activities/henoko_seminar.html

「シェアハウス」借りませんか?

  • 2017年06月09日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

杉並で長くホームレス支援(いんくるーしぶ杉並)をしている、奥山たえこです。

この5月~、住まいに困っている女性のために、シェアハウスを始めました。柏駅7分。2万円~
http://www.jca.apc.org/~okuyama/sharehouse/

ミッションはサイトの「募集チラシ」に書いています。
ご案内くださると嬉しいです。つくろい東京ファンドも協力・応援してくれています。
数日間や、住民票設置などにも応じます。お問い合わせも何なりとお願いします。

奥山たえこ090-9147-8383

「全国一般東京東部労組」さんからの投稿

  • 2017年05月28日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

障害者虐待差別と闘ったドキュメント
「人間を取り戻せ!大久保製壜闘争の記録」(制作=ビデオプレス40分)」講演会のお知らせ

上映『人間を取り戻せ !-大久保製壜闘争の記録-』制作=ビデオプレス40分
講演 長崎 広(東部労組副委員長・大久保製壜支部副委員長)
日時: 2017年6月17日(土)上映15:00~
場所:明治学院大学2401教室(東京都港区白金台1-2-37)
主催 明治学院 学内社会学会

***************************************************************************
この度、ビデオプレス制作映画『人間を取り戻せ !-大久保製壜闘争の記録-』40分の上映・講演会が行われます。ぜひ多くの方の参加を呼びかけます。

21年9ヵ月の大久保製壜闘争が全面解決を勝ち取った1997年から今年で20周年を迎えました。

1975年、墨田区にある「リポビタンD」などのガラス壜製造工場の大久保製壜所における長年の障害者・労働者への虐待・酷使・差別に抗し、ついに36名の障害者・労働者がキリスト教会籠城闘争に決起しました。一旦は勝利しましたが、職場に戻った労働者に会社側はあらゆる卑劣な労働組合攻撃で襲いかかってきました。しかし、地域・全国の仲間に支えられた東部労組大久保製壜支部は、歯を食いしばりながら職場・地域・都労委・裁判で頑張り抜き、職場では次々と仲間と団結し、地域では毎回300名を超える「路地から路地デモ」等で会社を追いつめていきました。

1987年には、御用労組の青年労働者24名が決起し支部と合流します。危機感を抱いた大久保実社長は、暴力団員を雇い、本物の覚せい剤を長崎副委員長のオートバイに仕込ませ、長崎副委員長を逮捕させるという誣告犯罪攻撃を仕掛けてきます。しかし、東部労組・職場・地域・弁護団のすかさずの反撃で、大久保実社長らは逮捕され、実刑2年の獄につながれます。

1995年、東部労組の「総反攻」の方針のもと、ストライキ33回、リレーストライキ143日やのべ700名3回に及ぶ大正製薬本社行動等の連続闘争を闘い、ついに1997年東京都労働委員会において支部の要求が満たされた協定が締結され、21年9ヵ月間の大久保製壜闘争の勝利的全面解決が実現します。

今、私たちのNPO法人労働相談センターと全国一般東京東部労働組合に、年間7千件から8千件の労働相談が寄せられています。
この間急激に増えているのが、職場の「「職場のいじめ・嫌がらせ・パワハラ」です。「辞めさせてくれない」やセクハラ等との合計だけで、相談の半数近くを占めます。
私たちは、ブログ「労働相談センター・スタッフ日記」とレイバーネットのホームページに毎月集計を発表しています。残業だけで206時間!15時間・16時間の超長時間労働!上司のパワハラで自殺においやられる店長!・・・・・・・・
その中身は、まるで、<大久保製壜虐待・差別・酷使>の全国化そのものです。

昨年7月には相模原市の知的障害者施設津久井やまゆり園における知的障害者19名虐殺がおきました。
社会では、在日外国人への差別・排外が跋扈しています。

しかし、理不尽な抑圧と搾取と差別に対し、民衆や労働者は必ず闘いに立ち上がります。大久保製壜闘争がそれを示しています。
ワタミの父母は娘の無念をはらさんと全国の声援を受けて闘いつづけ、ついに渡辺美樹さんの謝罪と法的責任をみとめさせました。

今、非正規差別に敢然と立ち向かっている東部労組メトロコマース支部の女性たちは不当判決に屈せず「非正規労働者よ 立ち上がろう!」と果敢に頑張っています。

これからももっともっと多くの仲間たちが立ち上がってくることは間違いありません。私たちは一緒に闘っていこうと決意しています。

大久保製壜闘争解決20周年の今年、もう一度大久保製壜闘争を一緒にみなさんとふりかえる事の意義は大きいと考えます。ぜひおいでください。
                                      全国一般東京東部労働組合

当該ブログ労働相談センター・スタッフ日記
http://blog.goo.ne.jp/19681226_001/e/56546d23a026fd1ee78143cd8c370454

  • Youtube
  • ustream
  • 反貧困オンラインショップ
  • 反貧困世直し大集会
  • 反貧困フェスタ
  • 貧困ジャーナリズム大賞
  • イベントカレンダー
  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • カレンダー

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
▲ページ先頭へ