カテゴリー “お知らせ ”の記事

「日本労働弁護団」さんからの投稿

  • 2017年08月17日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

【日本労働弁護団主催 8.19国会前行動のお知らせ】

日本労働弁護団が主催し、8/19(土)に労働法制の改悪に反対する国会前集会を開催します。
安倍政権は、「働き方改革」を標榜しつつ、真っ向から矛盾する働き方改悪実現に向けて、着々とすすんでいます。
その典型例が、労働時間規制の根幹を脅かす「定額¥働かせ放題法案」(=残業代ゼロ法案)。高度プロフェッショナル制度創設と裁量労働制の大幅規制緩和がその内容です。
もう一つ、解雇規制の緩和を狙った、「解雇の金銭解決制度」も着々と法制定に向けて動き出しています。
「真の働き方改革」を実現できるように、声をあげましょう!

日 時:8月19日(土)16~17時
    (17時~そのままの場所で「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の行動に合流します)
場 所:衆議院第二議員会館前

「避難の協同センター」さんからの投稿

  • 2017年08月09日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

【開催案内】
自主(区域外)避難者への住宅無償提供打ち切りから6ヶ月
避難の現状と今後の支援について考える交流集会

日 時:9月2日(土)13:30〜16:40
場 所:田町交通ビル6Fホール(東京都港区芝浦3-2-22)
    JR田町駅より徒歩3分 
    都営三田線・浅草線 三田駅A4出口より徒歩5分

参加費:500円 避難当事者無料(申し込み不要)

内 容:
避難の協同センター報告       瀬戸大作/避難の協同センター事務局長
各地から 
北海道 宍戸隆子さん/こだまプロジェクト 岡山   はっとりいくよさん/一般社団法人ほっと岡山
千葉  古宮保子さん/松戸黄色いハンカチ山形  武田徹さん/福島原発被災者フォーラム 山形・福島
山形  佐藤洋さん/チーム毎週末みんなで山形 ほか

講 演:
居住福祉に向けた提言 …葛西リサさん(立教大学コミュニティ福祉学部、日本学術振興会RPD研究員、『母子世帯の居住貧困』著者)

討 論:避難当事者をまじえて

主催・問い合わせ先:避難の協同センター Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986

詳しいチラシは

http://antipoverty-network.org/wp-content/uploads/2017/08/2218202fd1ac3f613bfc4eb9a831d617.pdf

市民活動のための英語講座(English for Activists)横浜クラスの学習者募集案内

  • 2017年08月06日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

市民活動のための英語講座 English for Activists 横浜クラスの学習者募集

参加希望者は下記要領をお読みいただき、申込書を千野紀美子さん宛にご送付下さい。問合せも千野さん宛にお願いします。
アドレスは以下の通りです。englishforactivists@ma.ejnet.ne.jp


国際コミュニケーションの道具として英語を使うための講座です。英語を聴き取り、英語で発信できるようにするのが目的です。参加型講座で参加者同士の交流、助け合いを重視します。英語のレベルは問いません。どなたでも参加できます。ぜひ、皆様も仲間に入ってください。
                              
毎回、以下のことをする予定です。 (1、2は英語で3、4は日本語で行います。)
1. 初歩的英会話:東京外語大学言語モジュール子どものための英会話を素材に英会話の基本をやり直します。自然な発音を耳から学びます。
2. 参加者による英語でのプレゼンテーション
3. 英文和訳のこつ:日本語らしい翻訳をするための技術を学びます。
4. 英文ライティング:プレゼンのテキストを改善することを通じてライティングの基礎を学びます。
5. インターネット参加:遠方などでクラスに参加できない方は1,3,4をインターネットにより行なうことができます。 

* 講師 山崎 精一さん(Labor Now 共同代表・明治大学労働教育メディア研究センター客員研究員)
小学校、高校の計5年間を英国で過ごす。25年間以上にわたり、労働運動のなかで英語通訳、翻訳に携わる。2005年からマット・ノイズ(明治大学特任講師)とともにEnglish for Activistsを立ち上げる。翻訳書に『アメリカの労働社会を読む事典』明石書店2012年などがある。

*日時: 第2・4木曜日(注・12月は第1・3木曜日に行ないます。(10月26日は休み、11月16日第3木曜日に振り替えます。)
    7時から9時まで 全10回
    9月14日、9月28日、10月12日、11月9日、11月16日、11月23日、12月7日、12月21日、1月11日、1月25日

*場所: かながわ県民センター会議室 (横浜駅西口)  

*会費:15,000円(10回分) 欠席しても会費をお返しすることはできません。ご承知おきください。
 インターネット参加 5,000円(10回分) 

*申込み締切り 9月10日(日曜日)

*お問い合わせ・申込先:千野紀美子englishforactivists@ma.ejnet.ne.jp お申し込みは以下の参加申込書をお送りください。

English for Activists横浜クラス参加申込書
*お名前              
*ご住所                                  
*お電話番号             
*Eメールアドレス                       
*このクラスを何でお知りになりましたか。 
*どういう方面で英語を使いたいですか。(例;文献を読む、旅行、会議・・・)
*その他、クラスへのご希望、自己紹介、ご意見などありましたら自由にお書き下さい。

なお、東京で開催しています活動家のための英語講座は10月3日から開講予定です。8月下旬に開講案内を流します。

「首都圏生活保護支援法律家ネットワーク」さんからの投稿

  • 2017年08月06日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

首都圏生活保護支援法律家ネットワーク 設立10周年集会のご案内

当ネットワークの活動は、今年で満10年を迎えました。この10年で、生活保護支援の輪は全国的にめざましく広がりましたが、生活保護を利用することへの理不尽な圧力は増しているように見えます。これまでの歩みを振り返るとともに、生活保護制度運用の現状と支援ネットワークのこれからの取組について、みんなで考える日にしたいと思います。

パネルでは、利根川、立川、小田原の3事件から生活保護の現状を考え、今後の取組について考えます。

【日時】2017年9月3日(日)13時30分~16時30分
【場所】ハロー会議室東京駅前ビル9階
東京都中央区八重洲2-1-5(JR東京駅徒歩1分、八重洲地下街26番出口直結) https://www.hello-mr.net/detail/?obj=68

【内容】
1 当事者報告
2 各地の生活保護支援ネットからの報告
3 パネルディスカッション
⑴ テーマ
「利根川心中・立川自殺・小田原ジャンパー事件~3つの事件から見える生活保護の現状と生活保護支援ネットワークの今後の取組~」
⑵ パネリスト等
寺久保光良さん(ジャーナリスト、利根川心中事件調査団)
宇都宮健児さん(弁護士、立川市生活保護廃止自殺事件調査団共同代表)
和久井みちるさん(元生活保護利用者、小田原市生活保護のあり方検討会委員)
太田伸二さん(弁護士、東北生活保護利用支援ネットワーク事務局次長)
コーディネーター:森川清(弁護士、当ネットワーク事務局長)

【参加費】1,000円(経済的に困難な方は無料)、事前申込不要
【主催】首都圏生活保護支援法律家ネットワーク
【問い合わせ先】森川清法律事務所 電話 03ー6913ー4650


 

「貧困ジャーナリズム大賞2017」募集します


「貧困ジャーナリズム大賞2017」 募集要項

■概要
「貧困」に関する報道の分野でめざましい活躍をみせ、世間の理解を促すことに貢献したジャーナリストたちを顕彰します。日本社会が抱える貧困の問題において、隠されていた真実を白日の下にさらしたスクープ報道、綿密な取材で社会構造の欠陥や政策の不備を訴えた調査報道、地道な努力で問題を訴え続けた継続報道などが対象です。取材される側である当事者や専門家の側から見た報道の評価を年に1度、社会に示したいと思っています。
「貧困ジャーナリズム大賞」(1、2点)  「貧困ジャーナリズム賞」(数点)  「貧困ジャーナリズム特別賞」(1、2点)

■賞品:賞状、反貧困グッズ

■応募規定対象:
2016年9月下旬~2017年8月下旬までに発表された報道活動(新聞、雑誌、書 籍、テレビ・ラジオ番組、インターネットなどのジャンルを含みます)。組織所属か否かは問わず「個人」(グループも可)が対象です。

■応募条件:
応募作品は、原則として返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。 応募作品は、表彰式にて、一般参加者に公開(視聴・閲覧)されます。また受賞者には原則として表彰式に伴って行われる貧困ジャーナリズム大賞のシンポジウムへの参加をお願いしています。

■応募締切
2017年 8月28日(月)必着。

■発表
入賞された方にのみご連絡を差し上げます。

■表彰式
日時: 2017年9月11日(月)18:00~20:30
場所:東京ウィメンズプラザ 1階・視聴覚室(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
    最寄はJR「渋谷駅」、地下鉄メトロ「表参道駅」

■応募方法:
1.応募用紙に必要事項を記入のうえ、郵送、または Fax、E メールにて応募してください。自薦、他薦は問いません。ただし推薦者は氏名・所属を明記し、応募理由(推薦理由)を書いてください。 また最終的に当該ジャーナリスト本人に報道内容や受賞する意思の有無について確認して選考します。
2.下記資料2点(それぞれ1点づつ)を、反貧困ネットワーク事務局「貧困ジャーナリズム大賞2017」担当まで郵送(もしくは E メールに添付) してください。
 ①対象となる報道内容が分かる資料(新聞や雑誌の記事ならそのコピー、URL、書 籍ならその本の現物、テレビなら DVD、ラジオなら録音データなど)
 ②その報道による反響や成果が分かる資料など(もしあれば)

貧困ジャーナリズム大賞2017応募用紙は以下(yahooで検索してください)

http://antipoverty-network.org/wp-content/uploads/2017/08/d71893537bfe4464451bf5e35def8aad.docx




■応募先:
反貧困ネットワーク 「貧困ジャーナリズム大賞2017」係
〒113-0023 東京都文京区向丘1-7-8 コミュニティ・スペース「ほのぼの」内
TEL/FAX: 03-3812-3724
E-mail: office@antipoverty-network.org

■問い合わせ
電話:090-9833-6070【貧困ジャーナリズム大賞関連の問い合わせのみ】 
メール:hiroakimizushima@sophia.ac.jp

  • Youtube
  • ustream
  • 反貧困オンラインショップ
  • 反貧困世直し大集会
  • 反貧困フェスタ
  • 貧困ジャーナリズム大賞
  • イベントカレンダー
  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • カレンダー

    2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
▲ページ先頭へ