「サプライチェーンの労働問題を考える」学習会のお知らせ

  • 2017年11月26日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

サプライチェーンの労働問題を考えるーユニクロ・ミズノの事例からー

報告:ソ・ションさん[クリーン・クローズ・クロス・キャンペーン東アジア(CCCEA)コーディネーター]
日時:12月17日(日)15:00-17:30
場所:明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント2階4021教室
https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
共催:明治大学労働教育メディア研究センター/サプライチェーンを考えるネットワーク
参加費:無料
連絡先:明治大学労働教育メディア研究センター
    メール:labored(at)meiji.ac.jp (at)を半角の@に置き換えて下さい。
    サプライチェーンを考えるネットワーク
    メール:yokohama-arc(at)jca.apc.org (at)を半角の@に置き換えて下さい。

●使いやすくお手ごろ価格のユニクロ製品は誰が作っているの?
ーサプライチェーン(生産委託工場)における中国女性たちの働き方ー

報告:ソ・ションさん[クリーン・クローズ・キャンペーン東アジア(CCCEA)コーディネーター]
ソさんの発題のあと、彼女を囲んで話し合いをします。
日時:12月14日(木)18:30-20:30
場所:かながわ労働プラザ第11会議室
JR根岸線「石川町駅」中華街口(北口)徒歩3分
https://www.zai-roudoufukushi-kanagawa.or.jp/l-plaza/access.html
主催:サプライチェーンを考えるネットワーク
参加費:500円
連絡先:サプライチェーンを考えるネットワーク
    メール:yokohama-arc(at)jca.apc.org (at)を半角の@に置き換えて下さい。

講師のソ・ションさんはCCCEA(クリーン・クローズ・キャンペーン東アジア)のコーディネーターで、CCCEAのことを知ってもらいという目的で来日されます。

CCC(クリーン・クローズ・キャンペーン)は、世界の衣料産業における労働条件を改善し、労働者のエンパワメントを支援する活動を行っています。ヨーロッパ17カ国に支部があり、世界の250団体とネットワークを結んでいます。東アジアでも今年6月にCCC東アジアが結成されました。

ソさんは香港に事務所をもつLESN(労働教育・サービス・ネットワーク)の代表で、中国女性労働者の支援のために働いています。ご自身も中国からの移民で、14年末から最近まで闘いが続いていたユニクロのサプライチェーン、アーティガス争議の関係者です。

  • Youtube
  • ustream
  • 反貧困オンラインショップ
  • 反貧困世直し大集会
  • 反貧困フェスタ
  • 貧困ジャーナリズム大賞
  • イベントカレンダー
  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
▲ページ先頭へ