私たちは広がる“貧困”に、もうガマンできません。

「原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)」さんからの投稿

  • 2018年11月03日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

原発避難者をひとりも路頭に迷わせない!

原発避難者の住宅と人権保障を求める共同行動への賛同のお願い



「原発避難者の住宅と人権保障を求める共同行動」より

原発事故被害者の救済のための日頃のご支援・ご協力に感謝いたします。
昨日福島県知事選挙の投開票があり、内堀知事がまた続投することになりました。原発事故被害者、避難者については冷淡な対応をとってきた知事ですから、今後も厳しい状況が予想されますが、あきらめずに原発事故被害者の人権を取り戻す活動を続けていきます。
私たちは福島市で「原発避難者をひとりも路頭に迷わせない!」緊急集会を開きます。添付いたしました「避難者の住宅と人権保障を求める共同行動への賛同のお願い」をお読みいただき、賛同フォーム、FAXからのご賛同をよろしくお願いいたします。


賛同(個人・団体)フォーム
賛同いただいた団体・個人のお名前は共同アピールに連ねて、内閣総理大臣、復興大臣、福島県知事に提出いたします。また、「原発避難者をひとりも路頭に迷わせない!」緊急集会で配布し、主催団体ホームページなどのウェブ上で公開いたします。
下記フォームよりご賛同ください。締め切りは11月20日です。
https://goo.gl/JT8hrf
連絡先: 原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)
〒963-4316福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1

賛同呼び掛け文は、http://antipoverty-network.org/wp-content/uploads/2018/11/10a3582e5c9853f75c9d4156135c6285.rtf







 

「反貧困ネットワーク通信 創刊号」

  • 2018年11月01日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

「反貧困ネットワーク通信 創刊号」お届けします。

内容

1ページ

①反貧困ネットワーク通信 発刊にあたって(宇都宮健児代表世話人)

②「第2回反貧困連続講座」開催報告 テーマ:生活困窮者自立支援の現場から考える(9/21開催)

2・3ページ

①第10回 「貧困困ジャーナリズム大賞」開催報告(9/18開催)

4ページ

①「第3回反貧困連続講座」開催のお知らせ テーマ:現代日本の貧困と労働(11/20開催予定)

※詳しくは、http://antipoverty-network.org/wp-content/uploads/2018/10/0ce535901621eb6b4e465e7062f84f7b1.pdf

②2018年度第3回反貧困ネットワーク全体会開催報告(10/15開催)

③”原発被害の避難者の支援打ち切りは許されない”(避難の協同センターさんからの寄稿)

創刊号全文は、http://antipoverty-network.org/wp-content/uploads/2018/11/3d70ff2f3c12127610e72dd4d5943d5c.pdf



 

 

 

「全国進路指導研究会」の「秋のセミナー」のお知らせ

  • 2018年10月30日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

11月17日(土)全国進路指導研究会「秋のセミナー」を法政大学市ヶ谷キャンパスで開催いたします。
テーマは「通信制高校ってどんなところ?」
私の関わるNPO団体の居場所に集う若者たち、「不登校」や「引きこもり」だった若者たちの中にも、生活困窮世帯が少なくありません。
また、そうした若者たちが進路選択する際に「通信制高校」だけならまだしも、高額の費用がかかる「サポート校」に通うケースが多いのです。
中学校の「進路指導」の問題もあります。60年代に「勤労学生」の学ぶ場として企業内高校や、企業が進める学び方(高卒資格取得)がありました。それが通信制高校です。今は、どうなっているでしょうか。実は、「通信制高校」の数は急激に増えています。
政策的な背景含め、学ぶ機会です。秋の様々な行事が重なる時期ですが、関心をお持ちの方のご参加おまちしております。

「第1回社会福祉住居施設及び生活保護受給者の日常生活支援の在り方に関する検討会」のお知らせ

  • 2018年10月30日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:その他

反貧困ネットワーク・京都さんより、標記の検討会の開催情報が寄せられました(厚労省のホームページ)。

無料低額宿泊所や無届施設における貧困ビジネスの規制や、先般の生活保護法改正(改悪)で新設された「日常生活支援住居施設」の基準など、重要な議論の場になると思われます。

東京近郊の方でお時間の許す方は、是非、傍聴をお願いします。

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000139576_00002.html

第1回社会福祉住居施設及び生活保護受給者の日常生活支援の在り方に関する検討会(ペーパーレス)の開催について標記について、以下のとおり開催いたしますのでお知らせします。



1.日時:平成30年11月5日(月)15:00~17:00

2.場所:AP虎ノ門 Bルーム 東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル(11階)

※別添1「会場周辺の地図」
https://www.mhlw.go.jp/content/12201000/000371558.pdf

3.議題

(1)制度改正の概要
(2)検討会の今後の進め方 等

4.募集要領

(1)申込方法
傍聴を希望する方は、別紙「傍聴申込書」に必要事項を記載の上、(2)の申込先にFAX又は電子メールにてお申し込み下さい。また、複数名お申し込みの場合は、申込者お一人分ずつ、別紙を送付してください。
※電話によるお申込はご遠慮ください。

(2)申込先
厚生労働省社会・援護局保護課保護事業室自立支援係
FAX :03-3592-5934
Mail:seihojiritsu@mhlw.go.jp

(3)申込締切
平成30年11月1日(木)15:00

(4)傍聴者の決定
申込者が多数の場合は、まず同一団体からの複数希望者について調整をさせていただき、その後は抽選により傍聴者を決定いたします。申し込まれた方は、検討会開催当日までに当方から特段の連絡がない場合、傍聴可能です。

なお、傍聴される方は、別添2「傍聴される方の留意事項」を遵守してください。
https://www.mhlw.go.jp/content/12201000/000375083.pdf

「あすのば」、「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークさんからの投稿

  • 2018年10月30日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

「子供の貧困対策に関する大綱」が2014年に閣議決定され来年が5年目の見直しの時期となります。
その前年「子どもの貧困対策法」の制定に向けて中心となった「あすのば」と「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークが
12月2日(日)「市民協働フォーラム」を開催します。


詳しくはチラシでご確認ください http://antipoverty-network.org/wp-content/uploads/2018/10/be78138ba6cd70684a1c263732db684e.jpg

公益財団法人 子どもの貧困対策センター「あすのば」さんのHPは https://www.usnova.org/



 

  • Youtube
  • ustream
  • 反貧困オンラインショップ
  • 反貧困世直し大集会
  • 反貧困フェスタ
  • 貧困ジャーナリズム大賞
  • イベントカレンダー
  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • カレンダー

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
▲ページ先頭へ