「全国進路指導研究会」さんからの投稿 ” 春のセミナー:2019 生きる•学ぶ•働く—子ども•青年とともに未来を拓こう!—”

  • 2019年05月03日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

全国進路指導研究会
春のセミナー:2019 生きる•学ぶ•働く—子ども•青年とともに未来を拓こう!—
■ 2019年 5月18日(土)/13:30〜16:30 開場13:15
■ 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス DE教室
JR山手線/総武線:秋葉原駅【電気街口】徒歩1分/ダイビル12階 ※地図参照
若者が社会の作り手と感じられる社会へ!ーー スウェーデン社会と若者政策に学ぶ ーー
講演:両角達平さん
●1988年生まれ、駒澤大学非常勤講師、文教大学所属生活科学研究所研究員(常勤)、静岡県立大学国際関係学研究科CEGLOS客室研究員、ストックホルム大学教育学部修士。●【社会活動】中高生施設職員交流会TEENS、シティズンシップ教育フォーラム、NPO法人Rights理事、内閣府子ども若者育成支援点検評価会議構成員(2011年)、国際シンクタンクYouth Policy Labsオフィスチーム(ベルリン)、YEC(若者エンパワメント委員会)創設・元代表・サポーター(静岡)
2019年2月24日、沖縄で「県民投票」が行われました。「辺野古新基地建設(普天間基地移設)」をめぐる賛否を問う、それを求めた若者たちの強い願いが全県(全自治体)実施にこぎつけさせたもの。政府は、その結果を待つこともせず、土砂投入という「実力行使」を続け、盛り上がることを避け(諦めさせ)ようとしましたが、投票率は過半数を超え、70%を超える人たちが明確に「反対」の意思を表明しました。直前2回の知事選で得た「翁長」「玉城」票を超えています。一方で、有権者比「絶対投票数は1/3」と過小に評価するメディアもありました。この国の「民主主義」が改めて問われています。
選挙のたびに「若者の政治離れ」が語られます。高齢者層の投票率が比較的高いことから「シルバー民主主義」と揶揄されることもしばしばです。しかし、現在の60〜70歳世代は、彼らが20代の頃から投票率(政治参加)は70%前後を保っています。仮に、現在の若者世代の投票率30%台が当然視されるのなら、この国が、民主主義を標榜することができるのかは、甚だ疑問です。「18歳選挙権(2016〜)」が行使され、2022年からは「18歳成人」と法的整備が進みます。長く「大人にしない国」と呼ばれてきたこの国で、「大人になる/大人にする社会」のあり方について議論が求められているようです。
今日、北欧型の民主主義が、一つの社会モデルと見なされています。若者支援政策でも数歩も前を行く、スウェーデン社会の実態を学び、私たちの「主権者教育」を進め「若者/社会政策」考える機会です。ぜひご参加ください。      ※「若者が社会の作り手と感じられる社会へ」は、両角さんの活動の原点です。
資料代:500円 /学生無料
主催●全国進路指導研究会 HP  http://zenshinken.jimdo.com/  Email  zenshinken@hotmail.com
チラシは以下
http://antipoverty-network.org/wp-content/uploads/2019/05/de002e0c417c4c4138fb7c3e90690716.docx
会場案内
http://antipoverty-network.org/wp-content/uploads/2019/05/TMU_AKIBA-1.pdf

  • Youtube
  • ustream
  • 反貧困オンラインショップ
  • 反貧困世直し大集会
  • 反貧困フェスタ
  • 貧困ジャーナリズム大賞
  • イベントカレンダー
  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • カレンダー

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
▲ページ先頭へ