カテゴリー “お知らせ ”の記事

「最低賃金大幅引き上げキャンペーン」さんからの投稿

  • 2018年10月01日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

最低賃金大幅引き上げキャンペーン:10月4日(木)11時~ファストフード労働者国際連帯行動@渋谷センター街
最低賃金大幅引き上げをめざしておられるみなさんに呼びかけます。
アメリカでの時給15ドルをめざす運動は、ここにきてマクドナルドでのセクハラ抗議の運動などとも合流しつつ、アメリカでは大きな展開を見せています。
今年も、ファストフード労働者の国際連帯行動が10月4日(木)に呼びかけられています。そこで、急ですが、最低賃金大幅引き上げキャンペーンとしても呼応して行動を組むことにしました。ファストフード労働者の世界的連帯を訴えるとともに、「いますぐどこでも最低賃金時給1000円に!時給1500円をめざして」と楽しくアピールしたいと思います。
急だったので、簡単な行動提起にしておりますので、ぜひ、ご参加ください。
どなたでも参加いただけます。ふるってご参加ください。
日時 2018年10月4日(木)11時開始(5分くらい前までには集まってください)。
場所 渋谷センター街入口(スクランブル交差点に面しているところ)
行動内容 センター街を練り歩き、センター街の中ほどにあるマクドナルド店舗前でアピール行動。
全体の行動も30分以内で終わると思いますので、ぜひ、ご参加ください。


「反貧困ネットワーク埼玉講演会2018」「若者が活躍するスウェーデン社会~若者参加を支える思想と政策」

  • 2018年09月21日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

反貧困ネットワーク埼玉講演会2018 「若者が活躍するスウェーデン社会~若者参加を支える思想と政策」

講師:両角達平さん(文教大学研究員、駒澤大学非常勤講師)
プロフィールは→ こちら

◆日時 10月23日(火)18:30~
◆場所 埼玉総合法律事務所 3階大会議室
JR「浦和駅」西口より徒歩約10分
アクセス→http://saitamasogo.jp/access
事前予約不要・参加費無料

スウェーデンの若者の投票率80%以上(日本は30%台)。スウェーデンでは,若者政策の目標や理念を定め,青年期それ自体に価値を認め,若者の多様性や影響力,若者が民主主義と社会連帯の担い手となることが重視されています。教育の場では,民主主義の基本的価値が子どもたちに教えられ,学校選挙,余暇活動施設などを通じて民主主義を若年段階から体感する仕組があります。こうして育まれた民主主義と連帯が福祉国家の基盤となっています。
ストックホルム大学で学び、スウェーデンの多数の団体の訪問調査を重ねられた両角達平さんに、スウェーデンの若者政策について、お話いただきます。

なお、当日は講演会のあとに同じ会場で反貧困ネットワーク埼玉の10月定例会を開催いたします。当団体での活動に興味ある方はこちらも参加することは可能ですのでご検討くださいませ。
当日の進行予定

◆18:30~19:30 講演会
◆19:30~20:00 質疑応答
◆20:10頃~ 定例会

チラシをご覧になりたい方、プリントアウトしたい方は

http://saitamasogo.jp/archives/74181







 



 

「貧困ジャーナリズム大賞2018 授賞式&シンポジウム」を開催しました

  • 2018年09月20日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

今年で11回目を迎えた「貧困ジャーナリズム大賞2018 授賞式&シンポジウム」を9/18(火)、文京シビックセンターで開催しました。
2018年の受賞者、受賞作品、選評は
2007年から2017年までの受賞者、受賞作品、選評は
でご覧になれます。

「社会運動ユニオニズム研究会」さんからの投稿 「雪崩れをうつ外国人労働者受入れ〜 『骨太の方針2018』がもたらすものは? 〜」のお知らせ

  • 2018年09月19日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

第80回社会運動ユニオニズム研究会

日時:2018年10月24日(水)18:30−21:00
場所:連合会館2階201会議室
(最寄駅:御茶ノ水、新御茶ノ水、小川町、淡路町)
地図 http://rengokaikan.jp/access/
テーマ:雪崩れをうつ外国人労働者受入れ〜「骨太の方針2018」がもたらすものは? 〜
報告:旗手明(公益社団法人・自由人権協会 理事)
主催:法政大学大学院フェアレイバー研究所、明治大学労働教育メディア研究センター、Labor Now
参加費:無料 参加申込み: 10月23日までに以下のメールアドレスまでにお申し込み下さい。
labornow(at)jca.apc.org (at)を@に置き換えて送信下さい。

さる6月15日、「経済財政運営と改革の基本方針2018」(骨太の方針)が閣議決定され、日本政府は本格的な外国人労働者受入れに舵を切った。今秋の臨時国会に入管法改定案を提出し、来年4月にも実施する方向だ。

これは、少子高齢化や人口減少を背景に、日本各地また様々な産業において深刻な人手不足が急速に進行しているためだ。近年、外国人労働者は年間20万人近い急増傾向にあるが、骨太の方針によりさらなる上積みがなされようとしている。

こうした大きな政策転換にもかかわらず、これに向けたタスクフォースでの検討内容を含め、政策決定過程が明らかにされていない。他方、来年度の概算要求には、骨太の方針を反映したものが目白押しである。例えば、法務省からは、「入国在留管理庁(仮称)」の新設やそれに伴う500人を超える増員要求がなされている。

また、7月24日には「外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議」が開催され、さらに8月31日には「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策検討会」も設置され、年内にも「総合的対応策」が確定される。こちらは、在留するすべての外国人を対象とするものだが、新たな外国人労働者受入れのスキームは、検討対象とされていない。

このような経過を反映してか、外国人労働者受入れ政策に関しては、日本社会において本格的な議論がいまだ行われていない。こうした政策論議の不在は、今後、禍根を残すおそれもある。

今回は、長年にわたり外国人労働者政策、とりわけ外国人技能実習制度に取り組んできた講師を迎えて、骨太の方針に潜む問題点を徹底解明する。ご参加を呼びかける。

(再掲)「社会運動ユニオニズム研究会」さんからの投稿

  • 2018年09月19日
  • 投稿者:反貧困ネットワーク
  • カテゴリー:お知らせ

第78回社会運動ユニオニズム研究会

9/29公開研究会「あなたも介護離職?! 反貧困ネットワーク埼玉・高野昭博さんに聞く」のご案内

来たる9月29日に現在反貧困ネットワーク埼玉でご活躍中の高野昭博さんをお招きし、ご自身が介護離職をきっかけにホームレスになり、生活保護を受けての生活再建までのご経験についてお話していただきます。また、現在の反貧困ネットワーク埼玉でのご活動についてもお話しいただく予定です。後半には貧困、生活保護バッシングなど高野さんのお話を元にワークショップを行う予定です。

ぜひ、参加しませんか?

【日時】9月29日(土曜日)13:30受付 14:00開会 ~ 17:30終了

【場所】明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント7階C4会議室

【参加費】無料

【内容】あなたも介護離職?! 反貧困ネットワーク埼玉・高野昭博さんに聞く

【主催】明治大学労働教育メディア研究センター、法政大学大学院フェアレイバー研究所、Labor Now

【参加申込み・問合せ】会場の都合上、先着20名まで受け付けます。

9月26日までにメールにて tsunagarehiseiki(at)gmail.com お申し込み下さい。(at)を@に置き換えて送信下さい。



 

  • Youtube
  • ustream
  • 反貧困オンラインショップ
  • 反貧困世直し大集会
  • 反貧困フェスタ
  • 貧困ジャーナリズム大賞
  • イベントカレンダー
  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • カレンダー

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
▲ページ先頭へ